【図書案内】 『原爆体験記』

西村利信著 『原爆体験記』 (小野英子・岡崎弥保)

西村利信さんは旧制広島県立広島第二中学校(現広島観音高校)2年の時、勤労奉仕中に被爆しました。
終戦後に母親の実家のあった千葉県に移住。そのとき通っていた高校の文学クラブの顧問に被爆体験の執筆を勧められ、クラブ誌「道程」に掲載されたのがこの手記です。当時はまだGHQの報道規制が敷かれ、検閲の厳しかった時代ですが、このクラブ誌は奇跡的に残っていました。
この西村さんの手記は、被爆者で語り部活動をされている小野英子さん、俳優で語り手の岡崎弥保さんらが編集し、新たに発行したものです。
岡崎さんのウェブサイト「言の葉」からダウンロードできます。
言の葉 – 「原爆手記」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA