奨学生に聞いた震災の状況

《vol.33》
前回お伝えしたように、ミンダナオ島では昨年10月、マグニチュード(M)6超の大きな地震が相次いで発生しました。その後も同クラスの地震が続いています。

アナミーさん

MCLの奨学生やスタッフは避難所へ出向いての支援活動を行っていますが、そんな中にも家族が被災した奨学生がいます。10月31日の地震(M6.5)で土砂崩れが発生し、全村民が村外に避難しているというマキララ町バランガイ・バト(バト村)出身のアナミーさんもその一人です。
今回はアナミーさんに、家族や避難所の様子を聞きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA